スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レシート

レシートが捨てられない人

私はレシートをキープしておく癖があります。
あとで見返して何かの金額をチェックしよう、と心の隅でいつも思っていて、それが行動に出て、レシートが山のように集まってしまうのです。

以前はプラスチックのボックスを買ってきてその中に入れるようにしていたのですが、そのボックスもいつのまにか溢れかえり、結局は見返すこともなくゴミ箱へポイしてしまいました。

この経験から、私がレシートを必要とすることはないことが実証されたにも関わらず、なぜか頭の中では「レシートは取っておかなくちゃ」という思考回路が働きます。逆援と同じですね。

今週もスーパーへ買い物に行った時のレシートが5~6枚、意味もなく机の上に置かれているばかり…。誰か私の気付かないうちに捨ててくれないかなあ?
スポンサーサイト

心理

好きな相手への行動というものは、意識的なものはもちろん、無意識の行動によって相手の心理が分かる方法があります。
誰かを好きになったり、また意識をすると、無意識にその恋愛対象に視線を集中させてしまいます。
気になってしょうがないんですね。
それは好きだという好意がなくても、相手に好きと言われて意識をすれば自然とそうなってしまいます。
この視線を集めるとか視線を合わせるという行為は、二人を相思相愛にさせます。
視線を合わせるというのは、そういう行為なのです。
人間は好きなものをよく見るという習性があります。
美しい花を長い時間眺めていることになんの理由もないでしょう。
それが美しいと思うからであり、好きだからなのです。
恋愛相手に好きになってもらうには、視線を集めるようにすることが重要です。
視線を集めるためには、自分の好意を暗にでも伝えて相手に自分という人間に意識させること。これが重要なのです。
こういった心理をつく恋愛テクニックは非常に効果的ですよ!

アイス


子供のころはアイスが大好きでした。ま、今でも嫌いじゃないですけど。小さい頃のアイスといえば、今で言うチューペットが主流でした。祖母の家に行くといつもこれを貰って、兄と半分づつ食べたものです。あるいは、市販のいわゆる氷菓というやつ。カキ氷を押し固めたようなアイスですね。地元に赤城氷菓という会社があって、幾つかの種類を出していました。何の色も付いていないスイ、赤い色が付いたイチゴ、そして抹茶。自分が好きだったのは中心部分だけアイスクリームになっているタイプでした。周囲はアイスに合わせてあるのか、コーヒーのようなチョコレートのような複雑な味でした。今となっては非常に懐かしいです。まだ販売されているんでしょうかねぇ。ホームランバーとかも懐かしいです。

PRサイト↓
メル友
出会い系
プロフィール

neeagamin

Author:neeagamin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。